しがない漫画家とその周りの日常を描くコメディーっぽい漫画です。
一気に読もうとすると結構な量がありますが、1話大体3〜5ページ区切りなので、
ヒマなときにでもちょこちょこ読んでいただければいいかと思います。

トップイラスト ●登場人物紹介
設定・年齢は大体 各キャラ初登場時のものです。

漫所 良治(まんどころ よしはる)
主人公。35歳(独身)の漫画家。通称「漫所先生」。性格は温厚、マイペース。部屋の押入れにはエッチな本やらDVDやらを500本以上の大量所有。持ち過ぎだろ!


見村 和真(みむら かずま)
漫所先生のアシスタント兼ツッコみ役で、年間通して下痢気味なのが悩みの23歳(独身)。レギュラーでは一番まともで地味な存在。だからこそ居なくてはならない存在なのかも。


網目 康太郎(あみめ こうたろう)
漫所先生のアシスタント。元銀行強盗。通称「ストッキングさん」。実は34歳妻子あり。見た目とは裏腹に性格は案外まとも。ていうか日常んときはストッキング取ってよ。


見村 教子(みむら きょうこ)
漫所先生の担当編集 兼ツッコみ役。のハズが ちょいちょいツッコまれる側になることも多い感情の激しい22歳(独身)。実は誰かさんの妹だということは あんまり言いたくないみたい。


悦ヶ谷 望(えちがや のぞみ)
若干10歳ながら、ひょんなことから漫画原作を描く事になった漫所先生のパートナー。見た目通り大人しくてシャイな性格。でも実は頭の中では なかなかブッ飛んだ妄想少女っぷり。

 

エピソード9「ご漫悦な対立」編エピソード9
「ご漫悦な対立」編

No.268〜No.325収録

  

★その1(No.268〜No.300)  ★その2(No.301〜)

エピソード8「ご漫悦な日常」編エピソード8
「ご漫悦な日常」編

No.168〜No.267収録

  

★その1(No.168〜No.200)  ★その2(No.201〜No.258)  ★その3(No.259〜No.267)

エピソード7「池袋バット」編エピソード7
「池袋バット」編

No.151〜No.167収録

  

エピソード6「渋谷バズーカ」編エピソード6
「渋谷バズーカ」編

No.53〜No.150収録

  

★その1(No.53〜No.77)  ★その2(No.78〜No.100)  ★その3(No.101〜No.150)

エピソード5「自分を信じて」編エピソード5
「自分を信じて」編

No.24〜No.52収録

  

エピソード4「V.S.銀行強盗」編エピソード4
「V.S.銀行強盗」編

No.20〜No.23収録

  

エピソード3「見村くんのぶらり途中下痢電車の旅」編エピソード3
「見村くんのぶらり途中下痢電車の旅」編

No.14〜No.19収録

  

エピソード2「泥棒「鹿・カイ」コンビ」編エピソード2
「泥棒「鹿・カイ」コンビ」編

No.8〜No.13収録  

  

エピソード1「1日48時間」編エピソード1
「1日48時間」編

No.1〜No.7収録

  

★漫どころ劇場トップページへもどる★